yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

天然塩は、私たちを助ける

昔、動けないくらい調子が悪い時があった。

その日はホテルをチェックアウトして、断食に向かう予定だった。
ホテルからJRで1時間ほど。

しかし、その日は、その1時間に耐えられるとは思えず、チェックアウトした後、荷物をコインロッカーに入れ、近くの百貨店の医務室に駆け込んだ。
1時間だか2時間しかそこにいることはできず、それ以上は救急車を呼ぶと言われ、外へ。

長く寝られるところと考え、マッサージに。
90分眠ったら、なんとか電車には乗られそうな気がしてきた。

這うようにたどり着き、初日の軽い食事。

トレーの隅に、ヒマラヤ塩を山盛り盛った小さな小皿がついていた。

「珍しいな」

と思いつつ、指で一口なめた。

その一口で、体が蘇った❣️

そのあと、そんな馬鹿な…と自分でも驚きながら、塩舐めは止まらなかった。
塩だけが、美味しい。

部屋へトレーを下げに来られた奥さんに、「塩だけ残して欲しい」とお願いし、塩で蘇った話をした。

すると、、もっと驚いた言葉が返ってきた。

「(私が)車で着いたのをキッチンの窓越しに見た瞬間『塩だ!』と思った」

ホテルにいたので、外食が続いていたとは思うが、特にそうなる要因があったようには思わない。

しかし、その日の塩で、体調は劇的に改善され、塩の威力に気づかされた。
以来、私のスーツケースには、緊急用に岩塩が入っている。

日本人特に高齢になると塩分の摂りすぎを問題視されがちだけど、元々、西洋人と日本人の塩分摂取量には大きなな違いがあると思う。
海藻をたくさん食べるので、ヨウ素も同じだ。

日本人には、日本人の基準がある。

塩は重要な投資です。
食卓塩ではなく、天然の天日干しされた塩を手に入れましょう。
身体は、自分に必要なものとその量を、知っています。
調子よくないなと思った時、少しなめてみて、から!こんなの舐められない!と感じたら、それは塩の問題ではないかもしれません。
美味しい♪と感じたなら、少し不足していたかもしれませんね。

何事も、ホドホドに♪


半断食をするきっかけとなった石原結實先生による記事。