yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

家庭でできる腸内洗浄

健康情報
暮れから、どうも腸内環境が良くないようで色々やってみるのですが、今ひとついい感じに安定しません。

で、家庭で腸内洗浄する方法があるとおしえていただきました。

腸内洗浄のやり方はのちら

実際にされた方の感想記事

詳しくはページをを見ていただくといいのですが、方法については下記に転載させていただきましす。
元のページには、さらに詳しいQ&Aもあります。

===========
[準備編]
菜食の方が試す場合、特に前日の準備は要りません。

動物性食品を摂取される方は、前の晩の食事は抜く必要があります。

[時間]
起床後のタイミングで行います。
午前中の身体は排泄モードですので、
この時間帯が、腸内洗浄を助けてくれるのです。

[準備するもの]
1リットルの常温の浄水(ミネラルウォーターでも可)
9グラムの天然塩

[手順]
1.浄水200ccを沸騰させます。

2.ボウルに天然塩を入れ、沸騰させた浄水200ccを注ぎます。
   熱湯ですので、塩はすぐに溶けてしまいます。

3.そこに、残った常温の浄水800ccを全て注ぎ入れ、軽く混ぜます。

     これによって、塩水の温度が40度前後になるのですが、この温度と、0.9%という塩水の濃度がポイントで、人肌でありながら、体液と同じ濃度の塩水が完成するワケです。
言い替えるなら、人の温度と同じ生理食塩水に、天然塩のミネラルが加わったカタチです。
この温度と塩分濃度のおかげで、塩分は身体に吸収されず、腎臓も水を吸収せず、排泄にのみ、塩水が有効活用されるのです。

4.これをイッキに飲み干します。
    この、塩水を淡々と飲む!という作業が、辛いと言えば辛いですが、

5.一時間前後で排泄が始まります。
     便は普通の状態で、まず排泄されますが、それに続いて柔らかい便になり、最後に水便に変化します。
     水便になるまで、飲食は控えます。
   数時間経っても水便にならない場合は、胃に食べ物が残留していた可能性がありますので、
胃が空になってから、再度挑戦して下さい。
数時間経過していれば、普通の飲食を再開して構いません。

数回、手洗いに行く必要がありますので、午前中に出掛ける用事の無い日を、選んだ方が無難です。

お腹が痛くならない分、排泄後のスッキリ感が半端なく楽しめます。

============

1日安心してトイレに駆け込める日を作り、試してみたいと思います。

ブログのお二人には、感謝いたします。