yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

地震お見舞い申し上げます

つれづれ 健康情報
熊本の地震がから一夜が明けました。
周辺、そして少し前には東京も揺れたようですね。

被災されました皆様には、お見舞い申し上げます。
避難しておられる方々には、さらに落ち着かない状況かとおもいます。

緊張している間は疲れません。
が、長く続くと、頭は元気でも、身体は疲れてきます。
夜より昼間の方が休みやすいと思いますので、眠くなったら、どんな時間でも、短い時間でも、横になったり、眠ると良いでしょう。
人の声がする方が、眠りやすいと思います。

ここからは、長期戦です。
体力を温存しながら、行きましょう。


また、緊張が解けない間は、自分の感情のも気づきにくいのです。
本当に安心できる状態になって、初めて「怖かった」と感じることは、少なくありません。

つまり、感情的には、
「怖かった」
と感じるようになれば、一安心です。
そう感じるようになれば、できるだけ周りの方とその気持ちを話しあいっこしましょう。
何度も話すことで、気持ちが開放されてゆきます。
いま、近くにいる人は同じ体験をした人です。
見知らぬ人でも、お互い通じると思います。
話したいと思う間は、何度でも、話しましょう。

逆に、話したくない人は、無理に話さないことです。
いいんです、それで。

感情を、無理に押し込めないようにしましょう。
怖かったら泣きましょう。
話したければ、いろんな人と話しましょう。
とりとめなく、経験したこと、感じたことを話しましょう。

いろいろな方法がありますが、今、感情
押し込めると、体の奥に残ります。

話してください。
泣いてください。
笑ってください。
笑ってもいいんです。

愛をおくります。