yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

感情に向き合えば、人生は変わる

スリーインワン コンセプツ® タッチフォーヘルス キネシオロジー カウンセリング

「人は、口で言えばいいことを、体で表現する。次回からは体でなく口でそれを言いなさい。」

 

肺炎で入院した部下に、上司が言った一言。

なんと深い理解の上司なのか?

 

タッチフォーヘルスで言うなら、メタファー。

 

このように体で表現し、相手に読み取ってもらおうとするコミュニケーションを、日本人は、よくやる。

言葉で主張することをあまり良しとせず、受け入れ難い風潮があり、また、主張することに慣れていないからだろう。

そしてもう一つは、本人がそのことに気づいていないからでもある。気づきたくないとも、言える。

 

体を壊さなければ、人は受け入れない。

逆に言うと、体を壊せば、人を動かせる。

 

ビジネスの場でも、親子関係者でも、実はよく使われるコミュニケーション方法。

 

 

キネシオロジーは体に聴くので、

"からだの言葉"を早く見つけることが、できる。

パーソノロジーでも、知ることができる。

 

スリーインワン コンセプツ®に至っては、意識、潜在意識、身体レベルでの感情を知る手立てがあり、これが実に奥深い。

 

しかし、最終的な問題は、本人の意識がそれを受け入れるかどうかにかかってくる。

 

意識で受け入れる人は、早い。

最初は、

「そうなのかもしれない」

と、受け入れたフリでも、いい。

 

意識がついてきた分だけ、変化の速度が、変わる。

 

表面的になんと言っていても、腹で受け入れられない人は、動かないし、繰り返す。

まさに、"再発"する。

 

キネシオロジーの良いところは、意識を置き去りにしても、「からだの言葉」を、知ることができるところである。

同時に、意識をどう巻き込むかは、ときに、大きな課題でもある。

 

記事の最後に

『自分で病気をやめる』

と書いている。

それは、病気も自分が選んでいることだと気づけたからだ。

 

●不完了な感情を解決する

これこそが、タッチフォーヘルスを極めたゴードンが行き着いた境地なのだと思う。

 

それは、タッチフォーヘルスのレベル3に出てくる「過去のトラウマ解放」を体験すれば、わかる。

 

これを体験すれば、

自分の見たくない、無意識に押し込んでいる感情と向き合い、解放すれば、こころも身体も変わるのだと言うことが、よくわかる。

 

それを、パーソノロジーまで巻き込んで、膨大なツールとしてまとめたものが、スリーインワン コンセプツ®なのだ。

スリーインワン コンセプツ®は、"手法"の集大成のようにも見えるが、実はそうではなく、大事なことは、その奥にある考え方を知ることだ。

 

このコンセプト(考え方)を理解するなら、最終的な手法はなんでも良いと、言える。

 

潜在意識にある感情の解放については、長い長い歴史の中で、未だ試行錯誤の段階なのかもしれない。

 

それでも言えることは、自分の見たくない、受け入れたくない感情に向き合い、受け入れれば、人生は変わる。