yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

ゼロの概念を理解することは、人生を理解すること

戦後の日本は、ゼロの概念を教えていなかった⁈

 

確かに、ゼロを足したり引いたりすることは、実社会では意味がない。ように見えるかもしれません。

 

しかし、算数の大事なことは、計算ができる・できない以上に、物の考え方を養うことにあると思うのです。

 

物事を要素に分解し、それがどう組み合わさっているのか?どこを動かせば全体はどうなるのか?

物事を目の前の現象のみではなく、構造的に捉え、いわゆる"理系の考え方""論理的な考え方"を養う力をつけることが算数の意義なのです。

 

何かが"ある"ことを証明することは簡単ですが、"ない"ことを証明することは、実質できません。

 

ゼロというのは"無"であり、同時に"無限"でもあります。

 

1に0を足すことは、

なにも足さない

とも言えるけれど、

1の横に、今は見えない無限の可能性を足すことだとも言えます。

 

1X0は、

単に"無"や"無意味"ではなく、今は"なにもしない"ということで、そこには無限の可能性が残されているとも言えます。

 

目の前の現実、現象としての結果と、その根底に横たわる意味の理解は、別物です。

 

そして、これこそが、人生で起きていることであり、スリーインワン コンセプツ®で気づくことなのです。

 

ゼロの意味を理解することは、人生の意味を理解することでもあるのです。

 

ゼロを単に"無"だととらえてしまえば、"1"を生まないことは全て無駄、つまり、人生を1か0かでとらえるようになるでしょう。

 

でも、ゼロは"無"であると同時に"無限大"を含み、ゼロから1の間には、壮大な空間とエネルギーが存在するのだと気づいたなら…

そしてそれは、1から2の空間の比ではない空間とエネルギーだということを理解したなら…

人生の景色は、もっと違ったものになるのだと思うのです。

 

もっと哲学的に言うなら、ゼロは"はじまり"でもあります。

 

算数は難しい、数字は嫌いと、信じ込みの扉を閉めるのではなく、ほんの少し、その意味を楽しんでみませんか?

きっと、人生の解釈にも役立つと思うのですよ♪