yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

IQを高める行動とは?

 

週に1時間づつ、4〜5ヶ月続けると、脳の構造が変わり、IQが7〜8点高くなることがあるというのです!

 

それは楽器を弾くこと❣️

 

心理学者のLutz Jäncke氏によれば、65歳以上の人でも、週に1時間ずつ楽器を演奏して4、5か月経つと、脳に大きな変化が生じたそうです。Jäncke氏は、脳が活動を増したときにその変化が顕著に現れる点として、記憶力、聴力、運動機能中枢(特に手に関して)を調べました。

 

楽器を演奏することのメリットは、大きく3つ。

 

1.記憶力が良くなる

楽器を演奏すると、灰白質が多くなり、

1週間にほんの2,3時間だけ楽器の練習をした被験者の記憶力が目に見えて高くなっていた

のだそう。

 

2.ストレスが軽減する

楽器演奏は、集中すれは、ある種の"瞑想"です。

思い切り成り切って、没頭すればするほど良さそうです。

昔、カラオケボックスへ、ギター、ベースなど持ち込んで、生+カラオケで歌っていました。(今もイイノカナ?)

 

3,耳の処理能力が上がる

リズムをとったり、合わせて歌ったり♪

結果、語学力に影響するのだそう。

 

ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション(USF)のJennifer Bugos氏の行った研究で、ピアノのレッスンを6か月受けると60歳から85歳の人たちでも、計画性、情報処理能力、記憶再生能力、さらに言語のスキルである口頭言語能力といった高度な機能が著しく向上することがわかっています。

昔と違い、年齢に関係なく、脳は使えば使うほど鍛えられると言われています。

 

楽器を始めるのに、遅すぎることはないのです!

 

 

個人的には、電子オルガンは、全身使って脳トレできる楽器だと思っています。

両手両足ばらばらに動かし、目は楽譜、口は歌う♪

足と左手はリズムを取り、右手はメロディを歌う。

右足は、音量調節のペダルを踏んだり、ベースを弾いたり、膝でレバーを押してプリセットをコントロール。

ヘッドフォンで没頭!

 

私は学生時代、何時間でも弾いていました。

オコラレタケド^^;

 

 

でも、どんな楽器でもいいようです。

 

子供時代、コンクールや発表会に追われて嫌になった人も、上手を目指すばかりでなく、自由に楽器を楽しんで、脳トレ、しましょ❣️