yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

関係性を見るパーソノロジー

先日、パーソノロジーのことを書いたら、「ダ・ヴィンチニュース」にパーソノロジーの話が載っていました。

 

 

この学問及び本書は「他人をよく理解してよりよい人間関係を築くこと」を目的としている。

 

「顔を見る」というと、どうしても占いに捉えられがちですが、パーソノロジーはコミュニケーション学です。

 

タイトルから飛ばしてます!

歯が出ている人は秘密を隠せない?

忘れもしません。

以前、石丸氏がホンマでっか⁈TVに出られた時、

 

「前歯が出ている人は、特別な才能を持っているんですよ!」

 

と前振り。

皆が色めき立ったところで、

 

「前歯が出ている人は、秘密を隠すことができません!」

 

と言い放った時の、出演者の皆さんとさんまさんの顔❣️

石丸氏の"タメ"の巧さは、天才だと思いました(≧∇≦)

 

それはさておき、

こんな風に、

「〇〇な人は**な性格!」

という見方はもちろんあるのですが、

これを、関係性の中で見て行くと、もっと興味深いことがどんどんわかってきます。

 

たとえば、

私は、日本で培ってきたキャラ⁈を、なぜか西洋人の(ザックリ)間では上手く発揮できないと感じ、悶々としていました。

 

何で???

英語の問題???

 

などとと思っていた時に、オージーと一緒にパーソノロジーを調べる機会があり、ビックリ❣️

 

日本人の間にいる時の私と、西洋人の間にいる時の私では、パーソノロジー的に立場がほば逆になることが多いのです。

 

これを理解してからは、積極的に二重人格になるべく⁈日本にいる時とシドニーにいる時と、着るもの、持ち物も、分けています。

そして、その方が、私は楽だし、上手くいくのです。

 

 

パーソノロジーのクラスは、こんな違いを知りながら進みます。

 

どのパーツがどんな性格か?は、本を読むだけでもある程度わかります。

それで十分な方は、本を繰り返し読まれるとよいと思います。

 

 

クラスでは、

1.自分の、持って生まれたスタイル

2.身近な人の、持って生まれたスタイル

 をどんな風に日常で使っているかを知り、

3.様々な関係性の中での関わり方を知ります。

 

占い的でも十分楽しいですが、自分や人が、いかに本性で、楽に、かつ、お互い気持ちよく関わって行けるか?

そんなことを考え、実践に結びつけて行くのが、パーソノロジーの面白さでもあるのです❣️

 

営業、接客業、コーチ、カウンセラー、セラピストなど、人に会い、関わる機会の多い方。

親、上司、コーチなど、人を育成する立場にある方。

人間関係を、もっと楽に、よりよくしたいとお考えの方。

もっと人生を楽に、自分らしく生きたい方。

 

そんな方には、オススメというより、必須と言えるでしょう。

本音的には、

「何故、これを使わない⁈」

と、思っています。

 

私自身、キネシオロジーの最初から、これを組み込んだ状態でセッションしてきているからです。

 

最初の10をあ程度マスターされれば、そこからの奥行きは、果てしない世界がどんどん広がるんですよ♪

 

見た目だけで人を見抜く技術 (PHP文庫)

 

「個性を見抜いて人を育てるパーソノロジー」
    東京 9月3〜4日
    大阪 10月18〜19日