yuki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と身体をととのえる 2

日々、楽々健康ハッピーに過ごすための、心と身体のバランスと脳の活性化のつれづれ。

脳を100%使う

キネシオロジー カウンセリング タッチフォーヘルス スリーインワン コンセプツ®

Dr. Bruce H. Liptonのビデオより。

 

 

日常的に私たちの脳は、左右脳が同時に働いているというよりは、右脳優位、左脳優位が、行ったり来たりしているだけなのだと。

 

そして、

左右半球をシンクロナイズ=同時に使う状態をつくることで、脳をより活性化した状態=スーパーラーニングの門が開かれると、博士は言う。

この状態は、とても落ち着いてリラックスした状態であると。

 

この落ち着いた状態の時、神経機能が活性化される。

 

その方法として、博士は、ブレインジムのクロスパタンやフックアップを挙げています。

手足が体の正中線を超えて動くとき、反対脳が動き始めると。

 

知っている人には言うまでもなく、ブレインジムの元であるタッチフォーヘルスのクロスクロール、スリーインワン コンセプツ®のクロスパタニングも、同じことをしています。

 

そしてそれは、普段、無意識に足や手をクロスした状態でも、起こっているのだと。

 

ストレスフルな1日だった夜、ほんの数分手足を交差した状態で、リラックスして座ったり寝転がることは、効果的だと。

 

瞑想時に座禅を組むときも、足はクロスされていますね。

 

会議室やデスクで、足組み、腕組している時、たいていは緊張していると思いますが、その状態でリラックスすれば、脳が統合され、素晴らしいアイデアにたどり着けるかもしれないのです。

これもきっと無意識にやっていますね。

 

 

最後に博士は、いつものパターンに脳や身を任せるのではなく、"マインドフルネス"=意識的ていることで、脳はもっと活用できるのだと語っています。

 

今流行りのマインドフルネス瞑想、ヴィパサナ瞑想は、瞑想することでこの状態を作っていると言えるでしょう。

 

そして何より、元々"ワン ブレイン システム"と呼んでいたスリーインワン コンセプツ®が目指していることも、まさに「意識的にいて選ぶこと」なのです。

 

 

さて、手足を交差して、リラックス❣️